本棚2段分?

東日本大震災発生からかなりの時間が経過するも、現地で生活する方々は今も変わらず大変窮屈な生活を余儀なくされているようです。

思いは空回りするばかりで、何も出来ず。。。せいぜいコンビニで買い物した際のお釣りを募金箱に入れる位の情けない支援の我が家の住人たち。。。




いつも仕事をしながら聞いているラジオから、現地への支援物資として子供達の為に『百科図鑑』を送りたいとリスナーに呼び掛けていました。。。




うちにもあったよな。。。




チビ達も中学に進み、もうほとんど本棚の飾りになっている分厚い図鑑達。。。




これなら、少しは力になれるかも!!!




で、本日TOKYO FMあてに勝手に送らせて頂きました~(苦笑)




本棚2段分の支援ですが、届くといいなぁ~~~。




このFMラジオでの図鑑の募集はなぜかFacebookでしか募集しておらず、仕方なくFacebookに登録して発送方法や条件を確認したのでした。

以下Facebookに記載されていた募集記事です。


↓__________________________________↓

『クロノス』から、ご協力のお願い



このたびの東日本大震災により被災された皆様、関係の皆様にお見舞い申しあげます。

また、被災地の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。



3月11日から1ヶ月以上が経ちました。

いま、被災地には全国そして世界から、多くの救援物資が届いています。



「クロノス」メインパーソナリティー中西哲生、古賀涼子アナウンサー、

番組スタッフも、応援活動や取材で被災地を訪れました。

多くの被災者の方、子供たちに出会い、現地ではいま、実質的な生活支援物資は

もちろん、「子供たちのケア」となる物資が必要とされていることを知りました。



そんな中で私たちは「子供たちの好奇心を守りたい」という思いを持ち、

このたび皆さまの力をお借りして、被災地の子供たちに「図鑑」を贈る運動を、

「クロノス」フェイスブックにてスタートする事といたしました。



そこで、ご協力のお願いです。もし趣旨にご賛同頂けましたら、

様々な年齢の子供たちに見てもらいたい「図鑑」「ものしり百科」「全集」などを

クロノスにご提供頂けないでしょうか。

ご自宅にあるもので、お子さんが成長されて読まれなくなったものでも結構です。



「クロノス」では「岩手県 遠野被災地ボランティアネットワーク」と連動し、

頂いた図鑑を大切に箱に入れ、みなさまの思いとともに確実に現地へと届けます。



間もなく学校も始まり、不安を抱えつつも「学べる環境」は少しずつ整備され始めています。

若い芽が新緑の樹々に育つように、好奇心が新しい力として子供たちの心に育ち、

満ちてゆくと私たちは信じます。



何卒ご協力をよろしくお願い致します。





ご送付先:

〒102-8080 東京都千代田区麹町1−7

TOKYO FM 『クロノス』宛



この件に関する問い合わせは、

03-3221-0080(TOKYO FM)

↑__________________________________↓





以上、気になる方はFacebookにログインしてみて下さい~(笑)




あ。。。私は探さないで下さいね~~~(苦笑)
[PR]
by higepapa_santi | 2011-04-27 20:30 | 家族ネタですみません!


<< お節句ですね! おみや >>